インドの主要都市のまとめ集

インドの主要都市のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

チェンナイ 7877

チェンナイ - チェンナイ

チェンナイ(タミル語: சென்னை、英語: Chennai)は、南インドの東側コロマンデル海岸沿いの、ベンガル湾に面するタミル・ナードゥ州の州都。インド有数の世界都市であり、人口は468万人。2011年の都市圏人口は867万人であり、同国第4位である。1996年にマドラスMadras)から正式に改名された。

「南インドの玄関口」「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」の異名を持つ。自動車産業、情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んである。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・チェンナイのまとめ集

チェンナイの関連動画

2018/11/14
インド チェンナイ リクシャー
2018/10/27
オウル・チェンナイ
2018/09/01
#19ゆる旅【インド】チェンナイビーチ。
2018/08/28
胎内の子の心臓疾患治療(イェムナ聖徒・インドのチェンナイ万民教会)(マガジン1039回)

チェンナイのQ&A

9ヶ月前
BMWがアジア戦略の為インドチェンナイ工場稼動して数年、しかしBMWの部品は高いのはなぜ? アル...
BMWがアジア戦略の為インドチェンナイ工場稼動して数年、しかしBMWの部品は高いのはなぜ? アルピナとMシリーズのみドイツ生産はなぜ?
1年前
インド・チェンナイ空港でのルピーへの両替について教えて下さい
チェンナイ空港に行ったことのある方、教えて下さい。 今週土曜日23:45にチェンナイ空港に到着します。 タクシーに乗るため、ルピーに両替したいのですが、深夜でもやっている両替所は...
1年前
スワンナプーム国際空港での国際線?国際線乗継について教えて下さい
初めて1人で国際線を乗継ぐため、また、スワンナプーム国際空港は初めてのため、不安に思っています。 9月1日(土)インド・チェンナイ?スワンナプーム国際空港?成田、 航空会社は両方と...
2年前
BMWは、アジア生産拠点をインドチェンナイに集約 メルセデスベンツは、中国、ベトナム、イン...
BMWは、アジア生産拠点をインドチェンナイに集約 メルセデスベンツは、中国、ベトナム、インドネシア、マレーシアに、分散 日本に工場を作らない訳は?
2年前
車中泊に向いている軽自動車を教えてください その他の話でも構いません♪( ´▽`)
車中泊に向いている軽自動車を教えてください その他の話でも構いません♪( ´▽`)
2年前
日本で走るメルセデスベンツのほとんどはアジア製に成りましたね。BMWインドチェンナイに工...
日本で走るメルセデスベンツのほとんどはアジア製に成りましたね。 BMWインドチェンナイに工場集約。 日本はどうする。 世界戦略!
4年前
好きなところに旅行に行けるとしたら何処に行きたいですか?
好きなところに旅行に行けるとしたら何処に行きたいですか? 国内、海外を問いません。 理由も教えていただけるとありがたいです。

インドの主要都市のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

インドの主要都市について

インド
भारत गणराज्य (ヒンディー語)
Republic of India (英語)
国の標語:सत्यमेव जयते
ラテン文字転写: "satyam eva jayate"
(サンスクリット: まさに真理は自ずと勝利する)
国歌:जन गण मन(ヒンディー語)
ジャナ・ガナ・マナ

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、英語: Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。

西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。

1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク